ブログトップ

オオニシ恭子のヨーロッパ薬膳~ブルージュのアトリエより~

eeyakuzen.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマスにむけて

e0153227_418391.jpg

e0153227_4212470.jpgこの週末は天気が良かったこともあり、
ブルージュはとても賑やかでした。

中央広場にはクリスマスマーケットが
開かれ、クリスマス商品、ホットワインや
ワッフルなどのお店が軒を連ねています。


e0153227_422292.jpg
スケートリンクも登場☆☆




この時季、こちらの人々はとても有意義に、クリスマスまでの時間を過ごしているように感じます。
寒い中、楽しんでます!


さて、今年も残すところあと半月となりました。
Blogを立ち上げてまだ日も浅いのですが、皆様から心温かい言葉をいただき、
とても励みになっています。
来年は、各教室での活動や先生のコメントなども加え、さらに充実させていきたいと
思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
本年は本当にお世話になりました。
少々早いのですが、皆様どうぞ良い年越しと新年をお迎え下さい。
e0153227_5213316.jpg

   We wish you a merry christmas and a happy new year !!!    



   
[PR]
by yakuzen-europe | 2008-12-15 05:34 | アトリエ日記

自家製蕎麦の試み

日本を出てからも、おいしいお蕎麦を食べれるようにと、
手打ち蕎麦教室に習いに行ったこともあり、こちらにきてから早速自家製蕎麦を
つくろうと、張り切っていたのですが、、、、
これがなかなか上手くいきません。
お蕎麦屋さんで習った二八蕎麦。
小麦粉2対蕎麦粉8の割合で混ぜ合わせるのですが、この割合でつくると
つながりません。熱湯の中に入れた瞬間、ぷちぷちと切れてしまい、そぼろ状に。
蕎麦粉が古いからかしら?と蕎麦の実を調達し、蕎麦作り直前にひいて試してみましたが、やはり同じ結果に。なぜでしょう?
蕎麦の種類が日本のものと違うのでしょうか?
こちらでは主にパンケーキなどに使うようですが。
今のところ小麦粉5:蕎麦粉5の割合で、なんとかつながることが分かりました。
蕎麦うどんというところですね。
でも、ちゃんと蕎麦の風味がでているし、おいしいです。

さて、今日もとても冷え込んだ日だったため、あつあつの蕎麦うどんが食べたくなりました。

e0153227_1223389.jpgしこしこ麺をつくる決め手は、なるべく水気を少なくすること。 
生地がつながるギリギリのところ。
ある程度まとまるまでこねて、後は必殺パスタマシンの登場。





e0153227_1261626.jpg
パスタのときはもちろん、うどんのときも、蕎麦うどんのときも、大活躍です。






体を温める根菜やかぼちゃ、最後に大根おろしにおろし生姜をのせて、
ひと煮立ち。
お腹も手足もぽっかぽかに。
e0153227_132262.jpg


寒い日にはやっぱり、これですね。
[PR]
by yakuzen-europe | 2008-12-14 01:44 | アトリエ日記

e0153227_144392.jpg


e0153227_22203976.jpg寒い日が続いていますが、
皆さんお元気でいらっしゃいますか?

ここブルージュも日に日に寒さが増し、いつのまにか道行く人々の装いが冬物のコートから真冬物のコートへと変わっています。

昨夜降った雨が植木鉢に溜まったまま、
今朝には氷になっていました。
冷え込んでいます!
木を助けようと氷を割ろうと思ったのですが、歯が立たず。。。
冷凍保存状態の不憫なアトリエの木。


ところで気がつかないうちに、手の指がしもやけになっていました。
しもやけになったのは昔にスキーをした時以来のこと。
寒い中、自転車をブンブンとばしたからでしょうか??
北ヨーロッパの冬を甘く見てはいけませんね。
血行をよくするために、欠かさず梅醤番茶と手のひらマッサージ。

みなさんも、指先の冷えには十分お気をつけ下さい。
[PR]
by yakuzen-europe | 2008-12-13 22:52 | アトリエ日記

Bakery

ブルージュに一軒、Bioのベーカリーがあります。

e0153227_435131.jpg表通りから少し中に入ったところにあって、あまり目立たないのですが、
常にお客さんが入っていて、繁盛しています。
観光客よりも地元の人達がよく利用しているようですね。



e0153227_4404660.jpg
イーストは使わず、サワドーで発酵させた自然志向のパン。種類は少ないものの、素材にこだわってひとつひとつ丁寧に焼き上げられています。
なんと直径50cmのジャンボサイズ。
「1/4下さい」とお願いすると、目の前で豪快にナイフで切ってくれます。
種類は、古代小麦であるスペルト粉で焼き上げたパン、ライ麦パン、ナッツ入り、バケットなど。

本日のお目当てはライ麦パン。
ライ麦は一般の小麦が育たないような寒冷な土地で育つため、小麦粉よりも陽性
の力を持っていると思われます。また、食物繊維、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、栄養価もとても高いのです。
独特の風味と噛み応えが好きなのですが、ベルギーではあまり見かけません。
e0153227_446368.jpg

店頭にはオーガニック印を全くだしていないのに、
袋にはさりげなく黄色いBioのマーク。
なるほどおいしさに自信があるわけですね。
[PR]
by yakuzen-europe | 2008-12-11 05:24 | アトリエ日記

ゲント

先日、隣町のゲントへ行ってきました。
ブルージュからは電車でICなら25分、ローカル鉄道なら45分ほどで
行くことができます。

e0153227_2372439.jpg中世の時代、ブルージュとは常に
ライバル関係にあったゲントには、
交易ギルドが活躍した当時のギルドハウスが運河沿いに残り、
入り組んだ石畳の道は
いまだ中世の面影を色濃く残しています。




ゲントには小さくて個性的なお店やカフェが多く、
e0153227_23123087.jpgなにげない街歩きが楽しめます。

Bioのレストランやカフェも数件あり、
地元の人々の憩いの場となっているようでした。





夜になると、小さな明かりが街を包み、
独特の雰囲気が漂います。
e0153227_23272214.jpg

古い教会の前に設置されたレトロなメリーゴーランドはとても幻想的でした。

今回は何年もゲントと関わりのある、薬膳の生徒さんにゲントを
案内していただきました。
とても素敵な1日、どうもありがとうございました!
[PR]
by yakuzen-europe | 2008-12-06 23:34 | アトリエ日記