ブログトップ

オオニシ恭子のヨーロッパ薬膳~ブルージュのアトリエより~

eeyakuzen.exblog.jp

2008年 11月 28日 ( 1 )

梅干

昔から「朝の梅干はその日の難逃れ」といわれているように、
梅干には実に沢山の効用があります。 

まず、梅干に含まれる酸と塩分は、胃酸の働きを助けるため、消化の促進、
食欲不振の改善に効果があります。
クエン酸やコハク酸、リンゴ酸などの有機酸は新陳代謝を活発にし、
疲労物質である乳酸を燃焼させて体内の老廃物を処理してくれます。
また、酸には、血液の酸化を中和したり、カルシウムの吸収を
助ける作用があります。
陽性な塩分は、体を引き締め、反射神経を活発にさせます。

梅醤番茶は、疲労回復、胃腸強化、そして、腹痛、血液浄化、冷え性、風邪、
神経痛、貧血、低血圧、下痢、頻脈・動悸、陰性の症状全般に即効性があります。

<梅醤番茶の作り方>

梅干(中1つ)を湯呑みに入れてお箸でよくつぶし、生姜のしぼり汁(2,3滴)と
醤油(小さじ1.5~2)を加え、煮立った番茶(150~200cc)を注ぎ、
あつあつを飲みます。

ぐっと冷え込んだ冬の朝、一杯の梅醤番茶で体がぽかぽかになります。

e0153227_19181977.jpgHUIS VAN KYOKOで取り扱っている梅干は岐阜県奥美濃白鳥町で大事に育てられた梅を、しそと塩だけでじっくり漬け込んだ無添加の梅干です。
1パック(100g) 7ユーロ
お問い合わせ・注文
Tel: 0032(0)50 34 80 41
Fax: 0032(0)50 34 80 31
email:eeyakuzen@yahoo.co.jp
[PR]
by yakuzen-europe | 2008-11-28 19:30 | BIO商品(注文受付)